コロナウイルス in バングラデシュ (4) | コポトッコ・バングラデシュ

2020/06/23 09:23

今年3月インドで脳腫瘍手術を受ける予定のBさん。


今年1月頃会った時は、すでに歩くのも辛そうだった。
3月の手術を受ければ、元気になれるか本人はとても心配していた。
私達は励ましの言葉を残し、彼女と別れを告げた。

しかし、コロナのせいで、Bさんは予定通りにインドに行けず、バングラデシュで待機することになった。
いつインドに行けるか全く見通しのない中、彼女は結局6月にバングラデシュで手術を受けることにした。

手術の翌日、彼女は意識が戻った。
病院で毎日強い抗生物質の注射を受けている。

今、Bさんの家族は直面しているのは、高額な手術代、入院費である。
インドなら半分以下の金額で済んだが、バングラデシュは倍以上かかっている。
一日の入院費はなんと日本円で約10万円!!!
社会保険制度のないバングラデシュで、家族はどうお金を集めたらいいか頭を抱えている。